接頭辞、接尾辞とは、語の頭や後ろに付く特定の意味や性質を有する文字のかたまりのことを言います。例えば、分かりやすいもので言うと、接頭辞の〔pre-〕や〔anti-〕などがあり、〔pre-〕は「以前の、事前の、あらかじめ」というような意味や性質を持ち、〔anti-〕は「反対、予防、防止」というような意味や性質を持ちます。

接頭辞や接尾辞の知識は英単語習得に欠かせない

接頭辞や接尾辞は、日本語で考えると、意味を表す文字(表意文字)である漢字のようなもので、特に接頭辞や接尾辞は漢字の部首のようなもので、接頭辞や接尾辞を理解することで、単語の意味が非常に覚えやすくなります。

例えば、日本語の場合に、漢字を全く用いない「ひらがな」ばかりの文章は漢字仮名交り文に比べて、非常に読みにくいと思います。接頭辞や接尾辞の知識がないのは、例えると「ひらがな」ばかりの文を読んでいるようなもので、語の意味や性質を捉えにくい状態にあると考えられます。

英語学習者の内、英単語の暗記に苦しんでいる方が多いと思いますが、母語話者にとっても膨大な量の単語を覚えるは大変であり、その負担が少しでも減るように、接頭辞や接尾辞を特定の語に加えて、なるべく既存の単語を再利用する形で新しい語が作られています。接頭辞や接尾辞はこのように、単語を覚える苦労を大幅に減らすためのものですので、この知識を有効活用し、効率よく大量の語彙を習得し、またそれぞれの語の語感を強めてみてはいかがでしょう。

接頭辞〔counter-(=反対や逆、対抗)〕を持つ英単語

今回は、接頭辞〔counter-〕を持つ英単語を取り上げます。

接頭辞〔counter-〕はその意味・性質として、「反対や逆、対抗」を表します。

接頭辞〔counter-〕を持つ名詞

接頭辞〔counter-〕はその意味・性質として、「反対や逆、対抗」を表します。 名詞はふつう、人、物、概念の名前を表す語です。

<counterculture>

〔counter-〕+〔culture(=文化、文化活動)〕=〔counter(=反体制文化(=既成の価値観・規範などに反発する文化)、反体制文化を主張する集団)〕

He was part of the antiwar counterculture.

(彼は反戦を主張する文化集団の一員だった。)

<counterinsurgency>

〔counter-〕+〔insurgency(=暴動、反乱)〕=〔counterinsurgency(=反乱鎮圧、対ゲリラ活動)〕

The military has launched a counterinsurgency.

(軍隊は対ゲリラ活動を開始した。)

<countermeasure>

〔counter-〕+〔measure(=手段)〕=〔countermeasure(=対策)〕

There are several countermeasures that can be taken to reduce the likelihood of credit card fraud.

(クレジットカード詐欺の可能性を減らすために行うことができる対策がいくつかあります。)

<counteroffer>

〔counter-〕+〔offer(=提案、申し出)〕=〔counteroffer(=対抗案)〕

He turned down the deal and came back with a counteroffer asking for more money.

(彼はその取引を拒み、そして、さらに高い金額を要求する対抗案を持って戻ってきた。)

接頭辞〔counter-〕を持つ形容詞

接頭辞〔counter-〕はその意味・性質として、「反対や逆、対抗」を表します。 形容詞はふつう、名詞を修飾(説明)し、その名詞の状態や性質を言い表す語です。

<counterintuitive>

〔counter-〕+〔intuitive(=直感的な)〕=〔counterintuitive(=反直感的な、直感に反する)〕

It may seem counterintuitive, but we do burn calories when we are sleeping.

(直感に反すると思うかもしれないが、人間は睡眠中にカロリーを消費する。)

<counterproductive>

〔counter-〕+〔productive(=生産的な、建設的な)〕=〔counterproductive(=逆効果を招く、非生産的で)〕

His uncontrollable anger is very counterproductive to his attempt at saving his marriage.

(彼の抑えられない怒りは、結婚を続けたいという彼の気持ちに対して非常に逆効果になっている。)

接頭辞〔counter〕を持つ動詞

接頭辞〔counter-〕はその意味・性質として、「反対や逆、対抗」を表します。 動詞はふつう、動作や状態を表す語です。

<counteract>

〔counter-〕+〔act(=【自】行動する、ふるまう【他】~を演じる、~のふりをする)〕=〔counteract(=【他】~を阻止する、~を和らげる)〕

The drug will counteract the poison.

(その薬がその毒を和らげるだろう。)

<counterattack>

〔counter-〕+〔attack(=【自/他】攻撃する)〕=〔counterattack(=【自/他】反撃する)〕

The enemy counterattacked at dawn.

(その敵は夜明けに反撃した。)

<counterbalance>

〔counter-〕+〔balance(=【自/他】釣り合いをとる)〕=〔counterbalance(=【他】~と釣り合わせる、~を相殺する)〕

Improved services for phone customers have been counterbalanced by higher fees.

(電話利用客の為のサービス改善は、料金を高くすることで釣り合わされてきた。)

<countersign>

〔counter-〕+〔sign(=【他】~に署名する)〕=〔countersign(=【他】~に連署する)〕

All orders must be countersigned by one of the directors.

(指示書の全ては責任者のひとりに連署してもらわなければならない。)

接頭辞/接尾辞をまとめて覚えたい方はコチラがおすすめ。

語源関連書籍のベストセラーです。



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事