接頭辞、接尾辞とは、語の頭や後ろに付く特定の意味や性質を有する文字のかたまりのことを言います。例えば、分かりやすいもので言うと、接頭辞の〔pre-〕や〔anti-〕などがあり、〔pre-〕は「以前の、事前の、あらかじめ」というような意味や性質を持ち、〔anti-〕は「反対、予防、防止」というような意味や性質を持ちます。

接頭辞や接尾辞の知識は英単語習得に欠かせない

接頭辞や接尾辞は、日本語で考えると、意味を表す文字(表意文字)である漢字のようなもので、特に接頭辞や接尾辞は漢字の部首のようなもので、接頭辞や接尾辞を理解することで、単語の意味が非常に覚えやすくなります。

例えば、日本語の場合に、漢字を全く用いない「ひらがな」ばかりの文章は漢字仮名交り文に比べて、非常に読みにくいと思います。接頭辞や接尾辞の知識がないのは、例えると「ひらがな」ばかりの文を読んでいるようなもので、語の意味や性質を捉えにくい状態にあると考えられます。

英語学習者の内、英単語の暗記に苦しんでいる方が多いと思いますが、母語話者にとっても膨大な量の単語を覚えるは大変であり、その負担が少しでも減るように、接頭辞や接尾辞を特定の語に加えて、なるべく既存の単語を再利用する形で新しい語が作られています。接頭辞や接尾辞はこのように、単語を覚える苦労を大幅に減らすためのものですので、この知識を有効活用し、効率よく大量の語彙を習得し、またそれぞれの語の語感を強めてみてはいかがでしょう。

接頭辞〔im-(=否定や反対、不足)〕を持つ英単語

今回は、接頭辞〔im-〕を持つ英単語を取り上げます。

接頭辞〔im-〕はその意味・性質として、「否定や反対、不足」を表します。

ちなみに、接頭辞の〔im-〕は接頭辞〔in-〕の異形です。名詞の語頭が唇を閉じる音の〔b, m, p〕の場合のみ接頭辞〔im-〕が用いられます。

接頭辞〔im-〕を持つ名詞

接頭辞〔im-〕はその意味・性質として、「否定や反対、不足」を表します。 名詞はふつう、人、物、概念の名前を表す語です。

<imbalance>

〔im-〕+〔balance(=均衡)〕=〔imbalance(=不均衡)〕

There is huge economic imbalance between the two countries.

(その2国間には莫大な経済的不均衡がある。)

<immorality>

〔im-〕+〔morality(=道徳、倫理観)〕=〔immorality(=不道徳、非倫理的行為)〕

It is difficult to draw a distinct line between morality and immorality.

(道徳と不道徳との間に明確な線を引くことは難しい。)

<immortality>

〔im-〕+〔mortality(=死亡率、死ぬべき運命)〕=〔immortality(=不死、不滅)〕

He believed in the immortality of the soul.

(彼はその魂の不滅を信じていた。)

<immatience>

〔im-〕+〔patience(=忍耐力、根気強さ)〕=〔impatience(=いらだち、性急、切望)〕

Impatience was apparent in his attitude.

(いらだちが彼の態度に出ていた。)

接頭辞〔im-〕を持つ形容詞

接頭辞〔im-〕はその意味・性質として、「反対や否定、不足」を表します。 形容詞はふつう、名詞を修飾(説明)し、その名詞の状態や性質を言い表す語です。

<immaterial>

〔im-〕+〔material(=物質的な、重要な)〕=〔immaterial(=非物質的な、重要でない)〕

Whether the book is well or badly written is immaterial to me.

(その本が良く書かれているか悪く書かれているかどうかは私にとって重要でない。)

<immature>

〔im-〕+〔mature(=成熟した、大人びた)〕=〔immature(=未熟な、幼稚な)〕

Some of the boys in my class are so immature.

(私の学級の一部の男子はとても幼稚だ。)

<immeasurable>

〔im-〕+〔measurable(=測定可能な、重要な)〕=〔immeasurable(=計り知れない、無限の)〕

The war has caused immeasurable damage.

(その戦争は現在に至るまで計り知れない被害をもたらした。)

<immemorial>

〔im-〕+〔memorial(=追悼の、記念の、記憶の)〕=〔immemorial(=記憶にないほど遠い昔の、大昔の、太古の)〕

Her family had farmed that land since time immemorial.

(彼女の家族には大昔からその土地を耕してきた過去がある。)

接頭辞/接尾辞をまとめて覚えたい方はコチラがおすすめ。

語源関連書籍のベストセラーです。



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事