接頭辞、接尾辞とは、語の頭や後ろに付く特定の意味や性質を有する文字のかたまりのことを言います。例えば、分かりやすいもので言うと、接頭辞の〔pre-〕や〔anti-〕などがあり、〔pre-〕は「以前の、事前の、あらかじめ」というような意味や性質を持ち、〔anti-〕は「反対、予防、防止」というような意味や性質を持ちます。

接頭辞や接尾辞の知識は英単語習得に欠かせない

接頭辞や接尾辞は、日本語で考えると、意味を表す文字(表意文字)である漢字のようなもので、特に接頭辞や接尾辞は漢字の部首のようなもので、接頭辞や接尾辞を理解することで、単語の意味が非常に覚えやすくなります。

例えば、日本語の場合に、漢字を全く用いない「ひらがな」ばかりの文章は漢字仮名交り文に比べて、非常に読みにくいと思います。接頭辞や接尾辞の知識がないのは、例えると「ひらがな」ばかりの文を読んでいるようなもので、語の意味や性質を捉えにくい状態にあると考えられます。

英語学習者の内、英単語の暗記に苦しんでいる方が多いと思いますが、母語話者にとっても膨大な量の単語を覚えるは大変であり、その負担が少しでも減るように、接頭辞や接尾辞を特定の語に加えて、なるべく既存の単語を再利用する形で新しい語が作られています。接頭辞や接尾辞はこのように、単語を覚える苦労を大幅に減らすためのものですので、この知識を有効活用し、効率よく大量の語彙を習得し、またそれぞれの語の語感を強めてみてはいかがでしょう。

接頭辞〔un-(=無(存在しない)、不(打消し))〕を持つ英単語

今回は、接頭辞〔un-〕を持つ英単語を取り上げます。

接頭辞〔un-〕はその意味・性質として、「無(存在しない)、不(打消し)」を表します。

接頭辞〔un-〕を持つ名詞

接頭辞〔un-〕はその意味・性質として、 無(存在しない)、不(打消し) を表します。 名詞はふつう、人、物、概念の名前を表す語です。

<unbeliever>

〔un-〕+〔believer(=信者、信仰者)〕=〔unbeliever(=不信仰者)〕

Most church schools are open to unbelievers.

(ほとんどの教会付属の学校は信者でない人を受け入れている。)

<uncertainty>

〔un-〕+〔certainty(=確信、確実性)〕=〔uncertainty(=不透明感、不確実性、不安)〕

There is some uncertainty about the company’s future.

(その会社の将来性にはいくつかの不安がある。)

<unconsciousness>

〔un-〕+〔consciousness(=意識、自覚)〕=〔unconsciousness(=無意識、無自覚、意識不明)〕

He knew that he might soon lapse into unconsciousness.

(彼はまもなく意識を失うかもしれないと確信していた。)

<unease>

〔un-〕+〔ease(=容易さ、豊かさ、気楽さ)〕=〔unease(=不安、心配、当惑)〕

I felt a vague sense of unease.

(私は漠然とした不安を感じた。)

<uneasiness>

〔un-〕+〔easiness(=気楽、落ち着き)〕=〔uneasiness(=不安、心配、動揺)〕

I felt a flutter of uneasiness. 

(私は不安で胸騒ぎがした。)

接頭辞〔un-〕を持つ形容詞

接頭辞〔un-〕はその意味・性質として、「 無(存在しない)、不(打消し) 」を表します。 形容詞はふつう、名詞を修飾(説明)し、その名詞の状態や性質を言い表す語です。

<unable>

〔un-〕+〔able(=できる、能力がある)〕=〔unable(=できない、能力がない)〕

We are unable to see anything in the dark.

(我々は暗闇では何も見ることができない。)

<unafraid>

〔un-〕+〔afraid(=恐れる、心配する、遠慮する)〕=〔unafraid(=恐れない)〕

He is unafraid of failure.

(彼は失敗を恐れない。)

<unacceptable>

〔un-〕+〔acceptable(=容認できる)〕=〔unacceptable(=容認できない)〕

His statement is totally unacceptable.

(彼の発言はまったく容認できない。)

<unaccountable>

〔un-〕+〔accountable(=責任がある、説明可能な、理解できる)〕=〔unaccountable(=無責任な、説明不可能な)〕

Despite all the problems he has caused, he remains unaccountable for his mistakes.

(すべてのその問題は彼が招いたにもかかわらず、彼は自身の失敗に対し無責任なままでいる。)

<unaffected>

〔un-〕+〔affected(=影響を受けた、気取った)〕=〔unaffected(=影響を受けない、気取らない)〕

Some people may think that they are not affected by advertisements, but in reality no one is completely unaffected.

(一部の人は自分が広告に影響されてないと考えるかもしれないが、実際のところ全く影響を受けないという人はいない。)

<unambiguous>

〔un-〕+〔ambiguous(=あいまいな、不確かな、多義的な)〕=〔unambiguous(=あいまいでない、明白な)〕

She gave a clear, unambiguous answer.

(彼女は分かりやすく、明白な回答を与えた。)

接頭辞〔un〕を持つ動詞

接頭辞〔un-〕はその意味・性質として、「 無(存在しない)、不(打消し) 」を表します。 動詞はふつう、動作や状態を表す語です。

<unclog>

〔un-〕+〔clog(=【自】詰まる【他】~を詰まらせる、~を妨害する)〕=〔unclog(=【他】~の障害を除く、~の詰まりを除去する)〕

In this video you can learn how to unclog a toilet.

(このビデオではトイレの詰まりを除去する方法が学べます。)

<undo>

〔un-〕+〔do(=【自】行う【他】~をする)〕=〔undo(=【自】取り消す【他】~をはずす、~を元通りにする)〕

She knew it would be difficult to undo the damage that had been done.

(彼女はその被害を元通りにするのは難しいということを知っていた。)

<unfasten>

〔un-〕+〔fasten(=【自】締まる)【他】~を締める、~を留める〕=〔unfasten(=【自】はずれる、緩む【他】~をはずす、~を緩める)〕

I can’t unfasten this button.

(私はこのボタンをはずすことができない。)

<unfold>

〔un-〕+〔fold(=【他】~を折りたたむ、~を折り返す)〕=〔unfold(=【他】~を広げる、~を開く)〕

He quickly unfolded the blankets and spread them on the mattress.

(彼は手早く毛布を広げ、マットレスの上に広げた。)

<unfreeze>

〔un-〕+〔freeze(=【自】凍る【他】~を凍らせる、~を冷凍する)〕=〔unfreeze(=【自】溶ける【他】溶かす、凍結を解除する)〕

We can’t wait until the ground unfreezes so we can start gardening.

(私たちは地面の氷が溶けて庭いじりができるようになるまで待てない。)

接頭辞/接尾辞をまとめて覚えたい方はコチラがおすすめ。

語源関連書籍のベストセラーです。



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事