日本へ訪れる海外からの観光客は年々増加しています。サービス業界で働いている場合、レジ接客の場面は必ず訪れます。英語で基本的なレジ接客ができるように、英会話フレーズを頭にインプットしましょう。

今回は、お会計/レジ接客の際に使える英語表現を紹介します。

お店でのお会計、レジ接客

Case 1

まずは、お店でのお会計時に使える英会話フレーズを紹介します。

キーワード

May I ~ ? 「~をさせて頂いてよろしいでしょうか?」 / pay〔動〕支払う / cash register〔名〕レジ / accept〔動〕~を受け付ける / payment〔名〕支払い / signature〔名〕署名 / cash〔名〕現金 / expired〔形〕期限が切れた状態

お客様
I'd like to pay for this.
(お会計をお願いします。)
店員
Thank you very much.
(ありがとうございます。)

早速レジへご案内しましょう。

店員
There's a cash register over there.
(あちらがレジになります。)

レジでは商品点数とお支払いの合計金額をお伝えします。

店員
Thank you. Two items.
(ありがとうございます。商品2点。)
That will be three thousand five hundred forty yen.
(3,540円になります。)

税込みという情報を付け加える場合は「including tax(税込み)」と言いましょう。

店員
That will be three thousand five hundred forty yen, including tax.
(税込み3,540円になります。)

お会計の際、シンプルに値段だけ伝える場合は値段の後に「please」を続けましょう。

店員
Five hundred twenty three yen, please.
(523円です。)

商品点数と合計金額を次のように言うこともできます。

店員
Three for a thousand yen.
(3つで1,000円です。)

値引きされている商品の場合は、値引きが適用されていることをしっかりとお客様にお伝えしましょう。

店員
With a 20% discount, four thousand five hundred yen.
(20%の値引きで4,500円です。)
お客様
Do you accept credit cards?
(クレジットカードは使えますか?)

クレジットカードが使える場合は、使えるクレジットカードの種類の情報を提供しましょう。

店員
Yes. Visa and MasterCard.
(はい。ビザとマスターカードが使えます。)

使えるカードの種類が分からない場合、主なカードと言えば良いです。

店員
Sure. We accept major credit cards.
(はい。主なカードは取り扱っております。)

クレジットカード支払い場合、お支払い回数を尋ねましょう。

店員
How many payments?
(お支払い回数はどうされますか?)
お客様
Two please.
(2回でお願いします。)

ちなみに、一回払いの場合は「Once, please(1回でお願いします。)」になります。

売上票にサインをお願いしましょう。

店員
Please sign here.
(ここにサインをお願いします。)

サインのお願いを丁寧に言う場合は次のようになります。

店員
May I have your signature here?
(ここにサインをお願いいただけますか。)

お客様にカードとレシートをお返ししましょう。

店員
Here's your card back and the receipt.
(カードのお返しとレシートです。)

レシートは「copy」と言うこともできます。

店員
This copy is for you.
(こちらがお客様のお控えです。)

次は、クレジットカードが使えない場面について紹介します。

お客様
Do you accept credit cards?
(クレジットカード使えますか?)
店員
I'm sorry, we only accept cash.
(申し訳ございません、現金のみでのお支払いとなります。)

カード会社の取り扱いがない場合は次のように言います。

店員
I'm very sorry, but we don't accept this company's card.
(申し訳ありませが、この会社のカードは扱っておりません。)

クレジットカードの期限が切れている場合は次のように言いましょう。

店員
This card is expired.
(このカードは期限切れのようです。)

クレジットカード使用の最低金額に届かない場合は次のように言いましょう。

店員
We accept credit cards only when the total is over three thousand yen.
(カードでのお支払いは3,000円以上からになります。)

もし、カードを機械が受け付けない場合、次のように言いましょう。

店員
The machine won't accept this card.
(このカードはこの機械で使えないようです。)

続いて、現金での支払いの場面について紹介します。

お客様
How much is that?
(いくらですか?)
店員
That's seven hundred yen in total.
(全部で700円です。)

「全部で」は英語で「in total」と言います。

お客様
Here's one thousand yen.
(では、1,000円から)
店員
Thank you. Your change is three hundred yen.
(ありがとうございます。お釣りは300円です。)

シンプルにお釣りですという場合は次のように言います。

店員
Here's your change.
(お釣りです。)

レシートをお渡ししましょう。

店員
Here's your receipt.
(レシートです。)

レストランでのお会計、レジ接客

Case 1

レストランでのお会計時に使える英会話フレーズを紹介します。

キーワード

Would you ~ ? 「~してくださいませんでしょうか?」 / Could you ~ ? 「~していただけませんか?」 / bill〔名〕(英)伝票 / cashier〔名〕レジ担当・窓口 / settle〔動〕払う / change〔名〕お釣り

May I have the check?
(お会計をお願いします。)
Certainly. I'll bring your bill.
(かしこまりました。伝票をお持ちいたします。)

席でそのまま会計できる際は次のように言いましょう。

Please pay at your table.
(そのままお席でお支払いください。)

レジでの会計が必要な場合は次のように言いましょう。

Would you pay at the cashier, please?
(レジ担当の所でお支払いしていただけますでしょうか?)
Where's the cashier?
(レジ担当はどこですか?)
It's right there, by the entrance.
(目の前です、入り口そばの)

レジでのお会計に移りましょう。

I'd like to settle my bill, please. How much is it?
(お勘定をお願いします。いくらですか?)
Thank you, sir. Your bill comes to fourteen thousand one hundred sixty yen.
(ありがとうございます。14,160円になります。)
Are you sure that's right? Shouldn't it be twelve thousand yen?
(金額は正しいですか?12,000円のはずですよ?)
I'm afraid there is a 8% tax and a 10% service charge.
(恐れ入りますが、税金8%とサービス料10%がございますので。)
Fine. Here you are.
(そう。はいどうぞ。)
Out of fifteen thousand yen. Your change is eight hundred forty yen.
(15,000円お預かりします。お釣りは840円です。)
Please give me an official receipt?
(領収書いただけますか?)

領収書への宛名を確認しましょう。

Certainly. What name should I put on it?
(かしこまりました。お宛名はいかがいたしましょう?)
ABC company, please.
(ABCカンパニーでお願いします。)

宛名の綴りが分からない場合はメモ用紙に書いていただきましょう。

Could you write down the name on this piece of paper.
(この紙に宛名を書いていただけますでしょうか。)

会計が終わったら、挨拶をしましょう。

Thank you, sir. Have a nice evening.
(ありがとうございます。ごきげんよう。)

今回はお店やレストランで使える「お会計」「レジ接客」の場面での英会話フレーズを紹介しました。

次回もお楽しみに! See you next time!

合わせて読みたい



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事