「何名様ですか?」「注文はお決まりですか?」と尋ねる際の英語表現について解説します。

「何名様ですか?」の英語表現

レストランなどで、お客様の人数をお伺いする場合、

店員
How many persons, please?
(何名様でいらっしゃいますか?)

と聞きます。

集団でお越しいただいている場合は、

店員
How many persons are there in your party, sir?
(何名様の団体でいらっしゃいますか?)

と聞くこともできます。

お客様からの返事は次のようなものが考えられます。

お客様
A table for four, please.
(4名の席をお願いします。)

英語では人数を伝える際「A table for + 人数」という表現が一般的です。

明らかに人数が分かっている場合は、店員の側から次のように聞くこともできます。

店員
A table for two, Sir?
(2名様のお席でよろしいですか?)
お客様
That's right.
(そうです。)

人数が分かったら、席へご案内しましょう。

店員
I'll show you to your table. This way, please.
(お席へご案内します。どうぞこちらへ。)
店員
Please take a seat.
(こちらのお席へどうぞ。)

もし、お客様に好みの席があるかどうかお尋ねする際は、次のように言いましょう。

店員
Where would you prefer to sit?
(お好みの席がございますでしょうか?)
お客様
Well, by the window, if you have.
(えーと、窓の側が、もしあれば)

お客様ご希望の席が確認できましたら、席へご案内します。

店員
I'll show you to your table. This way please.
(お席へご案内します。どうぞこちらへ。)

案内した席が希望通りであるか確認をとりましょう。

店員
Is this fine?
(こちらでよろしいでしょうか。)
お客様
Yes. This will be just fine.
(はい。こちらでけっこうです。)

席に問題がなければ、着席を促しましょう。

店員
Please take a seat.
(どうぞお席へ。)
お客様
Thank you.
(ありがとうございます。)

もしお客様の希望の席が予約の為、ご案内できない場合は次のように言いましょう。

店員
I'm afraid that table is reserved.
(あいにく、あちらのテーブルは予約席でございます。)

希望に沿えず申し訳ないという気持ちは、「I'm afraid(あいにく、恐れ入りますが)」を文頭に置いて表現します。

もし、席が準備中の場合は次のように言いましょう。

店員
I'm afraid that table is under preparation.
(あいにく、あちらのテーブルは準備中でございます。)

さて、お客様を席へ案内した後は、注文を伺いましょう。注文を受けるスタッフが別にいる場合は、次のように言いましょう。

店員
A waiter will come to take your order.
(ウェイターが注文をいただきに参ります。)
Just a moment, please.
(しばらくお待ちください。)

注文を頂く前に、お客様へメニューを渡す必要があります。メニューを渡す際は次のように言葉を添えましょう。

店員
Here is your menu. / Here is the menu.
(メニューをどうぞ。)

メニューが複数ある(朝食、昼食、夕食、ディナー等)場合は、具体的に示してもよいです。

店員
Here is the dinner menu.
(夕食のメニューをどうぞ。)

メニューを渡す際、次のような表現もあります。

店員
May I show you our breakfast menu?
(朝食のメニューになります。)
Please take your time.
(どうぞごゆっくり。)

メニューを渡し終えたら、ある程度時間を置いた後、注文を伺いましょう。

「注文はお決まりですか?」の英語表現

「注文はお決まりですか?」は次のように言います。

店員
Are you ready to order now, sir?
(ご注文はお決まりですか?)

他の表現も覚えておきましょう。

店員
May I take your order now?
(今注文をお受けしてよろしいでしょうか?)
お客様
Yes, I'll have a boiled egg with toast and tea, please.
(ええ、トーストにゆで卵、それに紅茶をお願いします。)
店員
Certainly, sir. Just a moment, please.
(かしこまりました。少々お待ちくださいませ。)

注文が正しく受け取れたか不安な場合は、注文を繰り返してお客様に確認を取りましょう。

店員
One boiled egg with toast and tea. Will there be anything else?
(トーストにゆで卵と紅茶。他にご注文はございませんか?)
お客様
No, that's all thank you.
(いいえ、以上です。)
店員
Thank you, sir. Just a moment please.
(ありがとうございます。少々おまちくださいませ。)

もしお客様の注文が聞き取れなかった場合は、次のように聞き返しましょう。

店員
Could you repeat the order, please?
(もう一度注文をおっしゃっていただけませんか?)

紅茶の種類を確認する場合は次のように言います。

店員
Would you prefer your tea with lemon or with milk?
(紅茶はレモンとミルクどちらがお好みですか?)
お客様
With milk.
(ミルクで。)

紅茶やコーヒーの注文の際は、食前の提供か食後の提供かについても確認を取りましょう。

店員
Now or later?
(今からお持ちしましょうか、後でにしましょうか?)
お客様
Later will be fine.
(後でお願いします。)

最後に

今回は「何名様ですか?」「ご注文はお決まりですか?」という表現の他に、簡単な注文の際の英会話についてご紹介しました。

これからこのような感じで、シーン別の英会話表現を沢山紹介していこうと思います。

次回もお楽しみに。



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事