英語にはラテン語などを語源として、そこから少しずつカタチや意味機能が変化し、定着した単語がたくさんあります。

英単語学習の一つの方法として、この語源を利用して同じ語源を持つ英単語をまとめて覚えるという手法があります。

同じ語源をもつ英単語をまとめて覚えることにより、記憶の中に語彙のネットワークを作ることができ、関連語が整理され、記憶に定着しやすくなり、また単語の意味を記憶から引き出しやすくなります。

さて、今回はラテン語「audire」を語源とする英単語についてまとめて紹介したいと思います。

ラテン語「adire」の意味

ラテン語「audire」は英語で「to hear, to listen, give ear」という意味を持ちます。

日本語では「(人の言うこと/音声など)が聞こえる/耳に入る、(講義・演奏・言い分など)を聞く/耳を傾ける、(情報など)を耳にする/聞いて知る、(祈り・願いなど)を聞き入れる、(意識して音声を)聴く、(助言・勧誘などに)耳を貸す/従う」という意味になります。

ラテン語「audire」を語源とする英単語

ラテン語「audire」を語源とする英単語には次のような語があります。

英単語の例

・ラテン語の語源「audire」が aud というような形で残っています。

audio / audience / audit / audition / auditorium

・ob(向かって) + audire ⇒ oboedire(auがoeに変化)を語源とする語もあります。「oboedire」が obe というような形で残っています。

obey / obedient / disobey

各単語が語源からどのように派生したかについては次のように考えられます。

派生について考察

・耳から聞こえる音に関連して

 ⇒ audio〔形〕音の

----------

・音を聴く人(「ence」で名詞化)

 ⇒ audience〔名詞〕聴衆、観客、視聴者

----------

・音を聴く行為

 ⇒ audit〔動詞〕(大学の講義など)を聴講する

----------

・音を試しに聴く行為(「ition」で名詞化)

 ⇒ audition〔名〕試聴、オーディション

----------

・音を聴く場所(「um」で場所を表わす名詞を作る)

 ⇒ auditorium〔名〕音楽堂、行動、観客席

----------

・人の言うことを聞く

 ⇒ obey〔動〕~に従う

----------

・人の言うことをよく聞く性格(「ent」で形容詞化)

 ⇒ obedient〔形〕従順な、忠実な

----------

・人の言うことを聞かない(「dis」は否定を表わす接頭辞)

 ⇒ disobey〔動〕~に背く

それぞれの単語について例文を確認してみましょう。

例文集

< audio >

audio〔形〕音の

⇒耳から聞こえる音に関連して

Users can download MP3 music files and record them directly onto a CD audio disc.

(利用者はMP3音楽ファイルをダウンロードし、CDオーディオディスクに直接録音できる。)

< audience >

audience〔名詞〕聴衆、観客、視聴者

⇒「ence」で名詞化 / 音を聴く人

The audience laughed and applauded.

(観客は笑い声を上げて拍手した。)

< audit >

audit〔動詞〕(大学の講義など)を聴講する

⇒音を聴く行為

I audited an English literature class last semester.

(私は最終学期に英文学講義を聴講した。)

< audition >

audition〔名〕試聴、オーディション

⇒「ition」で名詞化 / 音を試しに聴く行為

Apparently he made a mess of his audition.

(どうやら彼はオーディションを台無しにしてしまったらしい。)

< auditorium >

auditorium〔名〕音楽堂、行動、観客席

⇒「um」で場所を表わす名詞を作る / 音を聴く場所

The principal gathered all the students in the auditorium.

(校長はすべての学生を講堂に集めた。)

< obey >

obey〔動〕~に従う

⇒人の言うことを聞く

Most people obey the law.

(ほとんどの人は法律に従う。)

< obedient >

obedient〔形〕従順な、忠実な

⇒「ent」で形容詞化 / 人の言うことをよく聞く性格

He was very respectful at home and obedient to his parents.

(彼は家では非常に礼儀正しく、親の言うことをよく聞く。)

< disobey >

disobey〔動〕~に背く

⇒「dis」は否定を表わす接頭辞 / 人の言うことを聞かない

He disobeyed my orders not to see her.

(彼は彼女に会ってはいけないという私の命令に背いた。)

語源関連書籍のベストセラーです。

最後に

今回はラテン語「audire」を語源とする audio / audience / audit / audition / auditorium / obey / obedient / disobey について紹介しました。

それではまた次回 See you next time!



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事