接頭辞、接尾辞とは、語の頭や後ろに付く特定の意味や性質を有する文字のかたまりのことを言います。例えば、分かりやすいもので言うと、接頭辞の〔pre-〕や〔anti-〕などがあり、〔pre-〕は「以前の、事前の、あらかじめ」というような意味や性質を持ち、〔anti-〕は「反対、予防、防止」というような意味や性質を持ちます。

接頭辞や接尾辞の知識は英単語習得に欠かせない

接頭辞や接尾辞は、日本語で考えると、意味を表す文字(表意文字)である漢字のようなもので、特に接頭辞や接尾辞は漢字の部首のようなもので、接頭辞や接尾辞を理解することで、単語の意味が非常に覚えやすくなります。

例えば、日本語の場合に、漢字を全く用いない「ひらがな」ばかりの文章は漢字仮名交り文に比べて、非常に読みにくいと思います。接頭辞や接尾辞の知識がないのは、例えると「ひらがな」ばかりの文を読んでいるようなもので、語の意味や性質を捉えにくい状態にあると考えられます。

英語学習者の内、英単語の暗記に苦しんでいる方が多いと思いますが、母語話者にとっても膨大な量の単語を覚えるは大変であり、その負担が少しでも減るように、接頭辞や接尾辞を特定の語に加えて、なるべく既存の単語を再利用する形で新しい語が作られています。接頭辞や接尾辞はこのように、単語を覚える苦労を大幅に減らすためのものですので、この知識を有効活用し、効率よく大量の語彙を習得し、またそれぞれの語の語感を強めてみてはいかがでしょう。

接頭辞〔ir-(=否定や反対、不足)〕を持つ英単語

今回は、接頭辞〔ir-〕を持つ英単語を取り上げます。

接頭辞〔ir-〕はその意味・性質として、「否定や反対、不足」を表します。

ちなみに、接頭辞の〔ir-〕は接頭辞〔in-〕の異形です。単語の語頭が〔r〕の場合のみ接頭辞〔ir-〕が用いられます。

接頭辞〔ir-〕を持つ名詞

接頭辞〔ir-〕はその意味・性質として、「否定や反対、不足」を表します。 名詞はふつう、人、物、概念の名前を表す語です。

<irrationality>

〔ir-〕+〔rationality(=合理性)〕=〔irrationality(=不合理性)〕

the irrationality of his behavior (彼の態度の不合理さ)

<irregularity>

〔ir-〕+〔regularity(=規則性)〕=〔irregularity(=不規則性)〕

a dangerous irregularity in her heartbeat (彼女の脈の危険な不規則さ)

<irrelevance>

〔ir-〕+〔relevance(=関連性)〕=〔irrelevance(=無関係、見当違い)〕

the utter irrelevance of the debate (議論が全くの見当違いであること)

<irresponsibility>

〔ir-〕+〔responsibility(=責任)〕=〔irresponsibility(=無責任さ)〕

I can only wonder at the irresponsibility of people who advocate such destruction to our environment.

(私はそうした環境破壊を提唱する人々の無責任さにただ驚くばかりだ。)

<irreverence>

〔ir-〕+〔reverence(=敬意)〕=〔irreverence(=不敬、不遜)〕

His irreverence for authority marks him out as a troublemaker.

(彼は権威に対する不遜により厄介な男として目立っている。)

接頭辞〔ir-〕を持つ形容詞

接頭辞〔ir-〕はその意味・性質として、「反対や否定、不足」を表します。 形容詞はふつう、名詞を修飾(説明)し、その名詞の状態や性質を言い表す語です。

<irrational>

〔ir-〕+〔rational(=合理的な)〕=〔irrational(=不合理な)〕

an irrational fear of science (科学に対する不合理な恐怖心)

<irreconcilable>

〔ir-〕+〔reconcilable(=調和し得る)〕=〔irreconcilable(=相容れない)〕

These old concepts are irreconcilable with modern life.

(こうした古い考えは現代生活と相容れない。)

<irregular>

〔ir-〕+〔regular(=規則的な)〕=〔irregular(=不規則の、不揃いの)〕

The patient’s breathing was hard and irregular.

(患者の呼吸は荒く不規則だった。)

<irrelevant>

〔ir-〕+〔relevant(=関連のある)〕=〔irrelevant(=関連のない)〕

The evidence is irrelevant to the case.

(その証拠はその事件に関連がない。)

<irreligious>

〔ir-〕+〔religious(=宗教の)〕=〔irreligious(=無宗教の)〕

He is an irreligious man.

(彼は宗教心がない。)

<irrespectibe>

〔ir-〕+〔respective(=それぞれの)〕=〔irrespective(=かかわりなく)〕

their commitment to a society based on equality for all citizens irrespective of ethnic origin.

(出身民族にかかわりなく全ての市民のための平等に基づく社会に対する彼らの強い想い。)

<irresponsible>

〔ir-〕+〔responsible(=責任がある)〕=〔irresponsible(=無責任な)〕

I felt that it was irresponsible to advocate the legalization of drugs.

(私は麻薬の合法化を提唱することは無責任だと感じた。)

<irreversible>

〔ir-〕+〔reversible(=元へ戻せる)〕=〔irreversible(=取返しのつかない)〕

She could suffer irreversible brain damage if she is not treated within seven days.

(彼女は7日間以内に治療を受けないと、取返しのつかない脳損傷を受けるだろう。)

<irreverent>

〔ir-〕+〔reverent(=敬虔な)〕=〔irreverent(=不敬な、不遜な)〕

John combined great knowledge with an irreverent attitude to history.

(ジョンは偉大な知識を歴史への不遜な態度と結びつけていた。)

接頭辞/接尾辞をまとめて覚えたい方はコチラがおすすめ。

語源関連書籍のベストセラーです。



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事