前置詞を使いこなすには、その根源となる空間物理的な意味を把握することが非常に大切です。

前置詞のうち、古くからあるものは、本来は身体的な経験に基づく、空間物理的な意味のみを持っていました。

例えば、部屋の内部にいる時、私たちは壁・床・天井などによって取り囲まれていることを目にします。部屋を容器と考えると、その容器に内包されているように感じられます。英語では、この内包されている感覚を言語的に記号として示すために前置詞「in」が用いられました。“I awoke in my bedroom. (私は寝室で目覚めた。)”と言うと、寝室という容器(空間)に内包されている状態を言い表します。

このような前置詞が持つ空間物理的な意味は、後に比喩的にいろいろな意味に拡がり、拡張されて使用されるようになりました

例えば、前置詞「in」の空間的な内包が「人間の間にある感情的状態」に及ぶと“John is in love.(ジョンは恋をしている。)”と言うことができ、本来空間的な内包を表わす前置詞「in」が状況に関わる関係を表現するのに拡張されて使用されるようになりました。

このような事情から、前置詞を使いこなすには、まず根源となる空間物理的な意味を知り、そしてその根源となる意味を基にして、前置詞の用法がどのように拡がっていったのかを知ることが重要な鍵となります。

さらに、前置詞の「in」は日本語に訳すと「~に」となる場合が多いですが、日本人にとって「~に」(助詞)は単に単語と単語をつなぐ役割であり、空間や形などの空間物理的な意味を持つ英語の前置詞とは全く異なる性質を持つものであるため、日本語の助詞(訳語)と英語の前置詞を完全に切り離して理解することが前置詞を理解して使いこなす上での最大のポイントになります。

それでは、前置詞ひとつひとつについて、その根源の意味と拡張された用法を解説していきたいと思いますが、その前に、前置詞の基本知識をお伝えしておかなければなりません。

前置詞の基礎知識

前置詞は「前に置く詞(ことば)」という名前の通り、何かの前に置くことが意識されます。

その何かとは「名詞」です。つまり、前置詞とは「名詞の前に置く詞(ことば)」になります。ここで前置詞の直後に置かれる「名詞」は「前置詞の目的語」と呼ばれます。

そもそも、なぜ、わざわざ名詞の前に前置詞を置くのでしょうか。

その意図は、他の語を説明(修飾)するためです。「名詞」は形容詞のように単独で他の語を説明(修飾)することができません。「名詞」は前置詞の力を借りることによって、他の語を説明(修飾)することができるようになります

例えば、“a book on the desk (机の上の本)”という表現では「on the desk(前置詞+名詞)」が「book(名詞)」を説明します。

また、“swim in the river (川で泳ぐ)”という表現では「in the river(前置詞+名詞)」が「swim(動詞)」を説明します。

英文法では、名詞を説明(修飾)する語は「形容詞」と呼ばれます。動詞を説明(修飾)する語は「副詞」と呼ばれます。

「前置詞+名詞」はセットで、句(語のかたまり)という単位で呼ぶことができます。

したがって、先ほどの例の“a book on the desk (机の上の本)”の「on the desk(前置詞+名詞)」は「book(名詞)」を説明していて、形容詞と同じ働きをする句なので、「形容詞句」と呼ぶことができます。

“swim in the river (川で泳ぐ)”では「in the river(前置詞+名詞)」が「swim(動詞)」を説明していて、副詞と同じ働きをする句なので、「副詞句」と呼ぶことができます。

つまり、「前置詞+名詞」という語のかたまりは、「形容詞句」あるいは「副詞句」となり、「名詞」あるいは「動詞」を説明(修飾)する働きを行えるようになります。

ちなみに、副詞は動詞修飾が基本ですが、他にも「形容詞」や「自分以外の副詞」、「文全体」についても修飾することが可能です。

このことを考慮すると、「形容詞句」あるいは「副詞句」となる「前置詞+名詞」の語のかたまりは、「名詞」「動詞」「形容詞」「自分以外の副詞」「句/節/文全体」を修飾することができる幅広い修飾機能を持った句であるといえます。

また、形容詞は補語になることができますので、形容詞と同じ働きをする「前置詞+名詞」も同じように補語になることができます。

さて、前置詞の用法についての理解を深めるためには、「前置詞+名詞」という語のかたまりが文中のどの部分を修飾しているか、或いは補語として存在しているのかを捉えることもひとつ重要になりますので、このような視点を大切にして前置詞を使いこなせるように学習していただければと思います。

それでは、本題に移ります。今回は前置詞「into」について解説します。

前置詞「into」の意味と用法

前置詞「into」は「in(中)to(へ)」という意味で、その根源となる空間物理的意味は「中へ入り込む」という『方向と運動』を表わします。

前置詞「into」は、その根源となる空間物理的な「中へ入り込む方向と運動」をもとに意味が拡がり、投入・侵入、所属、到達時間、夢中、割り算、調査・研究対象、状態変化、ぶつかる方向、強制的な方向を表わす際に用いられます。

前置詞の「into」は、その根源となる意味の「中へ入り込む方向と運動」から、中への移動投入・侵入を表わす際に用いられ、また比喩的に意味が拡がり、あるグループの中に入っているという感覚で「~に属して」という所属の意味や、続けていた行動がある時間にまで入り込むというように到着時間の意味も表わします。

さらに、自分の好きなことの中に入り込んで「~に夢中で」という夢中や真理を明らかにするために調査や研究に入り込むという調査・研究対象の意味も表わします。

前置詞「into」の「to」は運動の方向や到着点を表わしますが、その「to」の特徴が色濃く出ている用法としては、「~へ変化して」という状態変化の到着点や何かに入り込むほどの衝撃を伴う運動の方向を表わす「~にぶつかって」というぶつかる方向、強制して何かの中に入れ込むというような「~させて」という強制的に向かわせる方向などがあります。

以上までの情報をもとに、前置詞「into」をキーワード化させると次のようになります。

前置詞「into」のキーワード

1. 中への移動の「into」

2. 投入・侵入の「into」

3. 所属の「into」

4. 到達時間の「into」

5. 夢中の「into」

6. 割り算の「into」

7. 調査・研究対象の「into」

8. 状態変化の「into」

9. ぶつかる方向の「into」

10. 強制的に向かわせる「into」

それぞれのキーワードについて、例文を確認してみましょう。

キーワード1

1. 中への移動の「into」

  • 前置詞の目的語に、中へ移動する際の移動先を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)の中へ/に」という修飾要素を作ります。

----------

【例】I walked deeper into the forest. (私はその森の中のさらに奥へと歩いていった。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「the forest」とセットで「into the forest」という副詞句を作り、森の中への移動を表わしています。

そして、副詞句の「into the forest」は、動詞「walked」を修飾しています。

キーワード2

2. 投入・侵入の「into」

  • 前置詞の目的語に、投入先や侵入先を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)に入り込んで」という修飾要素を作ります。

----------

【例】Poisonous chemicals got into the water supply. (有毒性の化学物質が水道に入り込んだ。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「the water supply」とセットで「into the water supply」という副詞句を作り、水道への侵入を表わしています。

そして、副詞句の「into the water supply」は、動詞「got」を修飾しています。

キーワード3

3. 所属の「into」

  • 前置詞の目的語に、所属先を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)に属して」という修飾要素を作ります。

----------

【例】He got into Kyoto University on his second try. (彼は2回目の挑戦で京都大学に入った。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「Kyoto University」とセットで「into Kyoto University」という副詞句を作り、京都大学への所属を表わしています。

そして、副詞句の「into Kyoto University」は、動詞「got」を修飾しています。

キーワード4

4. 到達時間の「into」

  • 前置詞の目的語に、到達時間を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)まで」という修飾要素を作ります。

----------

【例】The heat wave will continue into next week. (その熱波は来週まで続くだろう。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「next week」とセットで「into next week」という副詞句を作り、到達時間としての来週を表わしています。

そして、副詞句の「into next week」は、動詞「continue」を修飾しています。

キーワード5

5. 夢中の「into」

  • 前置詞の目的語に、夢中になった対象を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)に夢中で」という修飾要素を作ります。

----------

【例】She is heavily into skiing. (彼女はスキーに夢中である。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「skiing」とセットで「into skiing」という形容詞句を作り、スキーへの夢中を表わしています。

そして、形容詞句の「into skiing」は、主語(名詞)「She」の状態を説明しています。

キーワード6

6. 割り算の「into」

  • 前置詞の目的語に、割り算の割られる数を置いた場合、「(前置詞の目的語)が割られる」という修飾要素を作ります。

----------

【例】Dividing 3 into 6 gives 2. (6を3で割ると2になる。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「6」とセットで「into 6」という副詞句を作り、6という割られる数字を表わしています。

そして、副詞句の「into」は、動詞「Dividing」を修飾しています。

キーワード7

7. 調査・研究対象の「into」

  • 前置詞の目的語に、調査や研究の対象となる語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)を調査して/研究して」という修飾要素を作ります。

----------

【例】He began his researches into the causes of AIDS. (彼はエイズの原因についての研究を始めた。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「the causes of AIDS」とセットで「into the causes of AIDS」という形容詞句を作り、研究対象としてのエイズの原因を表わしています。

そして、形容詞句の「into the causes of AIDS」は、名詞「researches」を修飾しています。

キーワード8

8. 状態変化の「into」

  • 前置詞の目的語に、状態が変化した結果を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)へ変化して」という修飾要素を作ります。

----------

【例】The caterpillar changed into a beautiful butterfly. (毛虫は美しい蝶になった。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「a beautiful butterfly」とセットで「into a beautiful butterfly」という副詞句を作り、美しい蝶への変化を表わしています。

そして、副詞句の「into a beautiful butterfly」は、動詞「changed」を修飾しています。

キーワード9

9. ぶつかる方向の「into」

  • 前置詞の目的語に、ぶつかった先を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)にぶつかって」という修飾要素を作ります。

----------

【例】The car crashed into a roadside tree. (その車は道端の木に衝突した。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「a roadside tree」とセットで「into a roadside tree」という副詞句を作り、道端の木へぶつかる方向を表わしています。

そして、副詞句の「into a roadside tree」は、動詞「crashed」を修飾しています。

キーワード10

10. 強制的に向かわせる「into」

  • 前置詞の目的語に、強制的に向かわせる何かを置いた場合、「(前置詞の目的語)させて」という修飾要素を作ります。

----------

【例】They pressured us into voting for the bill. (彼らは私たちに圧力をかけてその法案に賛成の投票をさせた。)

【説明】前置詞「into」は、前置詞の目的語「voting」とセットで「into voting」という副詞句を作り、投票へ強制的に向かわせることを表わしています。

そして、副詞句の「into voting」は、動詞「pressured」を修飾しています。

例文は以上です。

前置詞に関するおすすめの書籍です。

豊富な絵と例文で前置詞が学べます。

まとめ

前置詞「into」について解説しました。今回学んだことを以下にまとめます。

前置詞「into」の根源となる意味

・「中へ入り込む」という『方向と運動』

前置詞「into」の10のキーワード

1. 中への移動の「into」

  • 前置詞の目的語に、中へ移動する際の移動先を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)の中へ/に」という修飾要素を作ります。

2. 投入・侵入の「into」

  • 前置詞の目的語に、投入先や侵入先を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)に入り込んで」という修飾要素を作ります。

3. 所属の「into」

  • 前置詞の目的語に、所属先を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)に属して」という修飾要素を作ります。

4. 到達時間の「into」

  • 前置詞の目的語に、到達時間を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)まで」という修飾要素を作ります。

5. 夢中の「into」

  • 前置詞の目的語に、夢中になった対象を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)に夢中で」という修飾要素を作ります。

6. 割り算の「into」

  • 前置詞の目的語に、割り算の割られる数を置いた場合、「(前置詞の目的語)が割られる」という修飾要素を作ります。

7. 調査・研究対象の「into」

  • 前置詞の目的語に、調査や研究の対象となる語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)を調査して/研究して」という修飾要素を作ります。

8. 状態変化の「into」

  • 前置詞の目的語に、状態が変化した結果を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)へ変化して」という修飾要素を作ります。

9. ぶつかる方向の「into」

  • 前置詞の目的語に、ぶつかった先を表わす語句を置いた場合、「(前置詞の目的語)にぶつかって」という修飾要素を作ります。

10. 強制的に向かわせる「into」

  • 前置詞の目的語に、強制的に向かわせる何かを置いた場合、「(前置詞の目的語)させて」という修飾要素を作ります。



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事