動詞の『suggest』には「~を提案する」という意味があります。

『suggest』の文型と目的語

動詞の『suggest』が「~を提案する」という意味を表わすとき、文の形は第3文型(SVO)をとります。したがって、動詞の『suggest』のあとには目的語(=名詞)がひとつのみ続くことになります。

動詞の『suggest』の目的語になれるのは名詞/代名詞、動名詞、that節の3つのみです。to不定詞は『suggest』の目的語になることはできません。

『suggest』の使い方と例文

『suggest』の使い方について説明します。

「~を提案する」という意味の動詞『suggest』のあとには、提案の内容に相当する目的語が続きますが、「A(何か)を提案する」というように提案の内容のみが続く場合と、「B(人)にA(何か)を提案する」というように提案の相手と内容が続く場合の2パターンがあります。

それぞれの場合について、例文を確認してみましょう。

提案の内容のみ示す場合 -「A(何か)を提案する」

・『suggest』の目的語に名詞/代名詞を置く

『suggest』の目的語に名詞/代名詞を置く場合について、例文を見てみましょう。

例文 1

I suggested a salary increase. (私は昇給を提案した。)

名詞〔(a) salary increase〕が『suggest』の目的語になります。提案の内容は〔(a) salary increase(=昇給)〕となります。

例文 2

I suggested a walk. (私は散歩を提案した。)

名詞〔(a) walk〕が『suggest』の目的語になります。提案の内容は〔(a) walk(=散歩)〕となります。

・『suggest』の目的語に動名詞(=名詞相当または名詞句)を置く

『suggest』の目的語に動名詞(=名詞相当または名詞句)を置く場合について、例文を見てみましょう。

例文 3

I suggested making pizza for lunch. (私は昼食にピザを作ろうと提案した。)

名詞句[making pizza for lunch]が『suggest』の目的語になります。提案の内容は[making pizza for lunch(=昼食にピザを作ること)]となります。

例文 4

I suggested going for a walk. (私は散歩に行こうと提案した。)

名詞句[going for a walk]が『suggest』の目的語になります。提案の内容は[going for a walk(=散歩に行くこと)]となります。

例文 5

He suggested playing cards. (彼はトランプをしようと提案した。)

名詞句[playing cards]が『suggest』の目的語になります。提案の内容は[playing cards(=トランプをすること)]となります。

提案の相手と内容を示す場合 -「B(人)にA(何か)を提案する」

・『suggest』の目的語に名詞/代名詞を置く

『suggest』の目的語に名詞/代名詞を置く場合について、例文を見てみましょう。

例文 6

The taxi driver suggested the hotel to me. (タクシーの運転手はそのホテルを私に提案した。)

名詞〔(the) hotel〕が『suggest』の目的語になります。提案の内容は〔(the) hotel (=そのホテル)〕となり、提案の相手は<to me(=私に)>で表します。

・『suggest』の目的語に動名詞(=名詞相当または名詞句)を置く

『suggest』の目的語に動名詞(=名詞相当または名詞句)を置く場合について、例文を見てみましょう。

例文 7

They suggested his going at once. (彼らは彼がすぐに出発するべきだと提案した。)

名詞句[his going at once]が『suggest』の目的語になります。動名詞の主語は所有格を動名詞の前に置くことで表します。したがって、提案の相手は〔his(=彼)〕で表し、提案の内容は[going at once(=すぐに出発すること)]で表します。

例文 8

He suggested my buying the house. (彼は私にその家を買ってはどうかと提案した。)

名詞句[my buying the house]が『suggest』の目的語になります。動名詞の主語は所有格を動名詞の前に置くことで表します。したがって、提案の相手は〔my(=私)〕で表し、提案の内容は[buying the house(=その家を買うこと)]で表します。

・『suggest』の目的語にthat節(=名詞節)を置く

『suggest』の目的語にthat節(=名詞節)を置く場合について、例文を見てみましょう。

例文 9

They suggested that he (should) go with them. (彼らは彼に一緒に行こうと提案した。)

名詞節〚that he (should) go with them〛が『suggest』の目的語になります。従属接続詞の〔that〕を提案の相手と内容を含んだ文〔he (should) go with them(=彼は彼らと一緒に行くべきだ)〕の前に置くことで、その文を名詞化、つまり名詞節を作ることができ、作った名詞節を目的語として使います。

 『suggest』の目的語にthat節を置く場合は、『suggest』の後ろに提案の相手を<to+人>というカタチで置くこともできます。つまり、They suggested to him that he (should) go with them. と表すことも可能です。

 「~を提案する」という意味の『suggest』の文型は第3文型で表し、第4文型で表すことはできません。したがって、They suggested him that he (should) go with them. のように動詞『suggest』の後に目的語(=名詞)の〔him〕と〚that he (should) go with them〛を2つ並べて表すことはできません。

例文 10

I suggested to John that he (should) buy a new car. (私はジョンに新車を買ってはどうかと提案した。)

名詞節〚that he (should) buy a new car〛が『suggest』の目的語になります。従属接続詞の〔that〕を提案の内容を含んだ文〔he (should) buy a new car(=彼は新車を買うべきだ)〕の前に置くことで、その文を名詞化、つまり名詞節を作ることができ、作った名詞節を目的語として使います。提案の相手に関しては<to John(=ジョンに)>で表します。

例文 11

He suggested that I (should) buy the house. (彼は私にその家を買ってはどうかと提案した。)

名詞節〚that I (should) buy the house〛が『suggest』の目的語になります。従属接続詞の〔that〕を提案の相手と内容を含んだ文〔I (should) buy the house(=私はその家を買うべきだ)〕の前に置くことで、その文を名詞化、つまり名詞節を作ることができ、作った名詞節を目的語として使います。

例文 12

He suggested that we play cards. (彼は私たちにトランプをしようと提案した。)

名詞節〚that we play cards〛が『suggest』の目的語になります。従属接続詞の〔that〕を提案の相手と内容を含んだ文〔we play cards(=私たちはトランプをする)〕の前に置くことで、その文を名詞化、つまり名詞節を作ることができ、作った名詞節を目的語として使います。

以上、「~を提案する」という意味の動詞『suggest』の使い方について解説しました。

合わせて読みたい



【楽しく英語を学ぶ(広告)】リクルート社が運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」は人気ゲーム会社が考えたドラマ形式レッスンで楽しく遊びながら日常やビジネス場面での英語が学べます。リンクはコチラより→寝る前3分でできる英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

 



【TOEIC(広告)】TOEIC点数を伸ばしたい方へ。中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策までバッチリ。隙間時間にスマホで学習ができます。リンクはコチラより→TOEICテスト対策

 

【英会話力UP(広告)】国内で英会話力を磨きたい方はDMM英会話がお勧めです。PCやタブレット、スマホ1つあれば、どの時間帯でも、どんな場所でも英会話の練習ができます。実績は業界No.1です。リンクはコチラより→DMM英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事